1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫チャラい男と付き合うことになってしまった私

チャラい男と付き合うことになってしまった私

私は、何故か自分がこの人は生理的に嫌いである、と判断する人からアピールをされます。そんな生理的に無理というほど嫌いな人なんてそもそもほぼいないはずなのに、よりによってそう思う人から告白されてしまうのです。
学生の時にあったのは、学校が違うものの中学が同じだった人からのアピールでした。何故かその人好みのCDとその歌の歌詞を手作りで書いたファイルを渡されました。駅で待ち伏せされているとすぐにわかった私は、帰りが一緒だった友達に咄嗟に、「今日の宿題、写すんじゃなかったっけ!」と言って少し駅で待機することに成功したのですが、タイミング悪くその件が終わったころにまた相手が来てCDファイルを受け取ることになりました。
また、それから受験の真っただ中に手紙が来ました。古風にもメールでもなくSNSでもなく、手紙です。家の周りを自転車でうろうろされたことがあったので、その時に家を知ったのでしょう。折り返し返事を待っていますと、これまた丁寧に切ってと便箋、封筒が入っていました。文字は拝啓、なんて使ってあり、季節を記す言葉もありました。私は企業じゃありません。そういう度を超えた真面目さが苦手なのです。内容は、どこどこへこの日時に来てくれというものでしたが、こちらが大学受験ということは配慮していないのだなと思い、返事は出さず指定場所にも行きませんでした。
しばらく音沙汰がなかったので諦めたのかと胸をなでおろしかけたころ、今度はなんと家に来ました!しかし、モニターでは逆光で誰かわからず、スーツを着ていたので出てしまったのです。一言目が、「人生を共に歩むと決めた伴侶はいますか」でした。当時私は伴侶なんて言葉を知らないほどでした。高校生が使う言葉とは思えず、苦笑するしかありませんでした。断ると、返事はわかっていましたという返しが。良い会社に就職できたからと相手は区切りがついたのかもしれませんが、こちらはあまり良い気にはなれなかった苦い思い出です。それからはきっぱりと諦めてくれたのか、それ以降会うことはありませんでした。

学生時代、とても女子の数が少ないクラスで、男子20人に対し女子は7人。
足しても27人で、毎日会っていたら家族みたいな・兄妹みたいな感覚になって、すごく和気あいあいとした学生生活を送っていました。
10代・20代初めなんてとにかく恋愛したい、遊びたい、みたいな年齢。
クラスの中でもカップルになったり別れたりしてる人は何人かいました。

でも、私は真面目っ子だったので勉強と就活に打ち込んでいました。
彼氏も別に欲しいとは思わなかったし、クラスの男子は不細工ばっかり。
そんな中でもフレンドリーに私に接してくれる男子はいたもので、名前をちゃん付けで呼んで来たり、ちょくちょく話しかけてくれたり、優しく接してくれる男子がいました。
凄く仲良くなって、よく話すようになって、そのうち恋心を持ちました。
バレンタインのチョコを渡し、ホワイトデーに答えを聞こうと思っていました。

が、その前に、同じクラスの違う子と付き合ってたんです。
思い返せば、その女子の方もちょっと前からウキウキしだして、服も可愛くなって、オーラで好きな人がいるのは判ったけど、まさかあの彼と付き合う事になるとは思いもしませんでした。

どう考えても私の方が仲良いと思っていたからショックでした。
休みの日も手を繋いでショッピングしてるのを見かけるし、
学校に行けばイチャついてるし、地獄のようでした。

彼は、私に対して付き合う前のような甘い雰囲気を出しといて、結局違う女の方へ行った事が、とにかく許せなかったです。私をキープとして扱っていたのかと。

でも、彼はそういう人だったんです。
次から次へと付き合う人をとっかえひっかえ変えるようなチャラい奴だったんです。
だから、クラスメイトのその彼女ともすぐ別れたみたいです。

見た目は全然格好良く無かったけど、雰囲気とか、接する態度とか優しかったので好感を持ったのですが、実はチャラかったっていう、、、
今思えば付き合わなくて良かったです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。